【薬膳スイーツ】美人度アップ&夏バテ予防に香港の亀ゼリー

いろは

美食の都市「香港」には、中医学から紡がれた医食同源の考えが古くから受け継がれ、そこから誕生した薬膳の英知が、その地で育まれたスイーツにも息づきます。

香港の街では、薬膳スイーツは日中だけでなく、深夜にも行列ができるほど、幅広い年代に人気を誇ります。そのなかでもスイーツショップやスーパーマーケットなど、街中で見かけ、香港ローカルに親しまれる薬膳スイーツが亀ゼリーです。

世界一の長寿と称される都市「香港」で、愛され続ける亀ゼリーを紐解きます。

亀ゼリーとは?

中国語で亀苓膏(きれいこう)と綴る亀ゼリーには、亀の腹甲(おなか側の甲羅)の裏にあるコラーゲンと、甘草や仙草などいくつかの漢方素材を煎じたものでつくります。ゼリーはゼラチンや寒天をつかうことが多いですが、亀ゼリーは亀のコラーゲンをつかい、ゼリー状にかたまります。

お味は、いわゆる漢方らしく、とにかく苦い!

香港のローカルスイーツショップででてくるものは、甘みがついていないので、ショップにおかれているシロップをたっぷりかけていただきます。日本では中華街やオンラインショップで缶詰のものが手に入りますが、これはすでに砂糖やはちみつで甘くなっています。

亀ゼリーにつかわれる素材は、お店によって多少の違いがみられるようですが、はたらきが大きく変わることはなさそうです。

亀薬膳メモ

亀は薬膳でもつかわれる素材で、砂で炒めたり、お酢で炒めたり、スープでもつかわれます。

亀板(きばん)

【素材の分類】 陰を補う

【五味・四気・帰経】 鹹・甘・寒・肝/腎/心

カラダを冷やすはたらきが強いため、おなかの具合が良くない人、妊婦さんはひかえてくださいね。

こんなときに亀ゼリー!

【にきび・吹き出物・便秘気味】

カラダに熱がこもったり、カラダに良い水が足りなくなることで、ほてりやのぼせがおこり、吹き出物やにきびができやすくなります。カラダの熱をおさえて、カラダに良い水を補う食材をとることで、バランスを整えます。

亀ゼリーが美肌によいといわれるひとつの理由は、亀はカラダの「陰(良い水)」を補い、カラダの熱をとる素材だからでしょう。

【夏バテ予防の夏薬膳

夏は四季の中でも、心のはたらきが活発になり、汗もよくかくので血も消耗しやすい季節です。亀には「血をおぎない、心を養うはたらき」があり、カラダを冷やす性質があります。蒸し暑い香港の夏を乗り越えるための先人たちの知によってつくられた、夏の薬膳にはぴったりのスイーツです。

横浜中華街で購入した亀ゼリー缶詰を試食!

横浜中華街にある食材やさんで購入した「亀ゼリー」をチェック!

【原料】

  • 仙草 台湾では仙草ゼリーが有名。カラダの熱をとる
  • 砂糖 肺を潤し、養う
  • 羅漢果(らかんか) 砂糖の何倍もの甘みがあるとされ、腸を潤す。肺を養う
  • 甘草 肺や脾を補い、解毒のはたらきをもつ
  • はちみつ 気を補い、肺と脾を養う
  • アカミミガメの甲羅の粉末(甲羅の裏のコラーゲン)

五臓六腑の「肺」と「脾」は美肌に深い関わりのあるパート。このふたつを補うはたらきが多い素材をつかっていることからも、亀ゼリーは美人度アップにとりいれたい薬膳スイーツです。

【お味は?】

缶をあけると真っ黒なゼリーから、ふわっと漢方の香りが届きます。食感は、フルーツゼリーなどよりもぷるっとした感触がより楽しめます。味は砂糖、羅漢果、はちみつがふんだんにつかわれているので、苦みはあまり感じませんが、漢方独特のクセが口に広がります。さっぱりした中国茶と一緒にいただくと、バランスが良さそうです。

【購入方法】

  • アマゾンや楽天などのオンラインショップ
  • カルディのオンラインショップ。ショップによっては店頭にあるかもしれませんので、チェックしてみてください
  • 横浜中華街 食材やさん 今回購入したお店は萬福臨さん