妖精の力も強まる【夏至】「心」を癒すシェイクスピアとパンケーキ

いろは

シェークスピアの「真夏の夜の夢」の舞台となる【夏至】(ミッドサマー/midsummer)は、ヨーロッパでは妖精の力が強まる日という言い伝えがあります。いたずらっこの妖精パックが男女の恋仲を混乱させる物語りは、【夏至】に宿る神秘の力がパックに注がれたのかもしれません。夏至を迎えた週末、「真夏の夜の夢」のなか妖精パックが繰り広げる世界で、ゆったり心穏やかな時を過ごしてはいかがでしょうか。

夏至とは

【夏至】は、天文学では太陽の光が地を照らす時間がもっとも長い一日であり、中国で誕生した「陰陽学説」では、「陽」の気が自然界にもっとも強くなる日といわれています。秋に迎える収穫のときを実り多きものとするため、夏は陽の気が高くなり、自然界は成長を続けます。

この日を境に、【陽】の気は少しづつ弱まり、冬にむかうにつれ【陰】の気が強くなっていきます。

中医学で紐解く「夏」と「心」

夏は五臓六腑の「心」が活発になる季節です。

「心」は血をつくり、血の流れを整え、カラダの「神」をつかさどります。中医学での「神」とは、顔色や目の動き、カラダや言葉の反応・動き、人の意識や精神状態などをあらわします。「心」が良い状態にあると、人の「神」も元気です。「心」のバランスが崩れると、

  • 精神的に不安になりやすい
  • 夜なかなか眠れない
  • 夢をよくみる
  • 顔が青白い
  • 反応が悪くなる

などが起こりやすくなります。

夏は「心」が元気にはたらく分、しっかり薬膳で養いましょう。

薬膳でレーズンパンケーキ

五臓六腑の「心」が健やかであれば、心穏やかに、良き睡眠、カラダも元気になります。

心を養い、心を落ち着かせ、カラダの暑さをとりはらう小麦、血を養い心を落ち着かせる、心を養う牛乳、心のはたらきに必要な「血」を補うぶどうをつかったレシピです。

〇材料

  • 小麦 100g
  • 卵 2個
  • 牛乳 100ml
  • レーズン 20g
  • ベーキングパウダー 4g
  • ぶどうジャム(ぶどうジャムがない場合は、ぶどうジュースを) 1/4にカットしたパンケーキに大さじ1を添える

※ジャムにたっぷりの砂糖が入っているので、パンケーキ自体には砂糖をつかいませんが、苦手な方は大さじ1の砂糖を加えてください。

つくり方

  1. 牛乳にレーズンを浸し、冷蔵庫に30分置く
  2. 卵黄と卵白をわけて、卵白をハンドミキサーでしっかり泡立てる
  3. 1に卵黄を入れて、よく混ぜる
  4. 小麦粉とベーキングパウダーをあわせて、よく混ぜる
  5. 2に3と4をいれて、さっくり混ぜる
  6. フライパンにサラダオイルを薄くのばし、温めたら1分火を消し、5を流しいれ、弱火にかける
  7. 表面にぷつぷつと泡が出てきたら、裏返し、火が通れば完成

ぶどうソースのつくり方

ぶどうジャムがないときは、ぶどうジュースでソースをつくります。

  1. 鍋にぶどうジュース200mlをいれ火にかけ、よく混ぜながら沸騰したら弱火にして5~10分ほど煮つめる
  2. いったん火をとめて、水大さじ2にとかした片栗粉大さじ1をいれてよく混ぜる
  3. 弱火でまぜて、とろみがついたら完成

薬膳メモ

小麦

【素材の分類】 カラダを冷やす

【五味・四気・帰経】甘・涼(微寒)・心/脾/腎

【素材の分類】 陰を補う

【五味・四気・帰経】甘・平(卵黄)甘・涼(卵白)・肺/心/脾/肝/腎

牛乳

【素材の分類】 陰を補う

【五味・四気・帰経】甘・平・心/肺/胃

ぶどう(レーズン/ぶどうジャム)

【素材の分類】 血を補う

【五味・四気・帰経】甘・酸・平・脾/肺/腎