手作りでもカフェでも【夏薬膳】!ポイントは素材の組み合わせ

いろは

夏はオープンテラスの木陰で心地よい風に誘われ、フレッシュでヘルシーなものがますます美味しく感じる季節。

薬膳ではカラダを冷やすと控えている生野菜が、夏は解禁!

新鮮なみずみずしいお野菜をたっぷり堪能して、暑さで熱がこもりやすくなっているカラダを冷やし、夏のカラダバランスを整えます。

薬膳は素材の組み合わせが大切。定番薬膳や和食以外にも、夏薬膳にふさわしい素材がくみあわせてあるレシピがわかれば、バケーションがはじまり外食が増えがちなときにも、夏薬膳メニューをセレクトできますね。

今回は手作りも外食でも新鮮なお野菜を美味しくいただける「BLTサンドイッチ」をピックアップ!

カラダを冷やすお野菜&フルーツをマスター!

暑い日が続き、熱中症にも気をつけたいとき、カラダを冷やす素材を体調にあわせながらいただきます。

カラダを冷やすカテゴリーに入る野菜とフルーツのリストはこちら。

  • トマト
  • きゅうり
  • セロリ
  • 白菜
  • ズッキーニ
  • ゴーヤ
  • すいか
  • バナナ
  • リンゴ
  • マンゴー
  • メロン
  • キウイフルーツなど

※トマトときゅうりは薬膳では禁忌とされていて、一緒にたべるとカラダを冷やしすぎてしまうので、避けるようにしています。

※スイカは夏の発熱にもおすすめなので、カラダを冷やすはたらきが強いため、お腹をこわしやすい方はお気をつけください。

【夏薬膳レシピ】手作りBLT【+E】サンドイッチ

カフェやレストランでみかけるBLTサンドイッチは、Bacon(ベーコン)、Lettuce(レタス)、Tomato(トマト)、そしてパン(小麦)をつかいます。トマトと小麦はカラダを【冷】やし、レタスはカラダの【湿】をとる、ベーコンの豚肉は汗で失われた【陰】を補う夏にぴったりの素材の組み合わせです。

手作りで薬膳流BLTサンドイッチをつくるときには、より夏薬膳にふさわしくするために、ベーコンだけでは【陰】を補う素材が足りないので卵を加え、薬膳流BLT【+E】サンドとします。

材料

  • ベーコン 2枚(50g)
  • 卵 1個
  • レタス 2枚 (50g)
  • トマト 1/2個(150g)
  • 食パン 2枚(8枚切り)

つくりかた

  1. ベーコンは油をひかず、フライパンで軽い焦げ目がつくくらいに焼く
  2. 卵は目玉焼きにして、塩を少々ふりかける
  3. レタスは洗ったら水気を切り、トマトをスライスする
  4. コッペパンの半分くらいに切り目をいれる
  5. レタスとトマトはペーパーキッチンでしっかり水分をとる
  6. パンに、レタス、トマト、ベーコン、卵の順にかさねて、完成

薬膳メモ

ベーコン (豚肉)

【素材の分類】 陰を補う

【五味・四気・帰経】 甘・鹹・平・脾/胃/腎

レタス

【素材の分類】 カラダの湿をとる

【五味・四気・帰経】 甘・苦・涼・腸/胃

トマト

【素材の分類】 カラダの熱をとる

【五味・四気・帰経】 甘・酸(微寒)・肝/脾/腎

【素材の分類】 陰を補う

【五味・四気・帰経】甘・平(黄身)・涼(白身)・肺/心/脾/肝/腎

小麦(パン)

【素材の分類】 カラダの熱をとる

【五味・四気・帰経】 甘・涼(微寒)・心/脾/腎