薬膳とともに10年続けられる自分の美容法

ひかりブログ

美容や健康に良いことに

取り組もうとしたとき

たくさんのアプローチがありますよね。

日々のスキンケアからメイクアップ、

エクササイズやヨガ、

お水をたっぷり飲んだり

エステやマッサージ、

美顔器や加湿器などの美容系マシーンまで

まだまだ数え切れないほどあります。

そのなかから

気になるものをはじめてみて、

自分にあわなかったり

変化がみられないときには

また次のものにトライして、

自分にあうものを見つけていきます

美と健康を叶えるためのアプローチのなかには

食生活やインナーケアもあります。

薬膳もそのひとつとして

私はスタートしました。

何もわからないところからはじめた薬膳。

最初は本屋さんで出会った本からはじまりました。

そこに説かれていたのは

「季節を意識すること」

食やインナーケアの美容法は

色々と試していましたが、

何を食べちゃだめ

何を飲んじゃだめ

と制限をするものが多かったように思います。

薬膳では季節に寄り添った

食生活を送ることをすすめていたので、

その考え方が私にはぴったりでした。

口にするものすべて

カラダにもたらす役割があり、

身近に手に入るもので薬膳料理は作れる、

朝のお茶を季節にあわせて

緑茶、紅茶、はと麦茶などから選ぶなど

無理をしないでゆったりできることも

長く続けていける魅力です。

そしてもうひとつ気づいたことは、

薬膳はどの美容法をとりいれるにも

そのガイドラインとなることができるということ

薬膳は中医学をベースにしているので

食はもちろん、

日々の過ごし方や運動にもガイドラインをくれます。

これまでジムに通って

ランニングや筋トレしてみたり

スイミングやゴルフをしてみたり

他にも色々と試しました。

私は気の巡りが悪くなりやすく、

湿がカラダにたまりやすいので、

そのなかでもヨガ、特にホットヨガは

気の巡りを良くして

むくみをとってくれるので

私の体質にぴったりでした。

気の巡りが悪いひとは

呼吸も浅くなりがちです。

深く息をすって、はくということを

繰り返し行うことで

気の巡りをサポートしてくれます。

美容や健康の情報があふれる時代、

自分にぴったりの食やインナーケアを

今も探している方には、

薬膳でその糸口をみつけてもらえたら

嬉しいなと思っています。