季節と薬膳

いろは

みなさんも耳にされたことがあるかと思いますが、

中国には「陰陽(いんよう)」という考えかたが

古からあります。

 

陰陽について、

『中医用語辞典』(辰巳 洋主編、源草社)に

次のように記されています。

 

「中国古代思想の基本概念であり、

世界をすべて陰陽の2つの気で解明しようとする、

きわめて素朴な考え方。

太陽側・昼間はあかりので陽に属し

影のところ・夜は暗いので陰に属する。」

 

陰の気と陽の気、それぞれが季節によって変化していきます。

 

 

陰の気が徐々に弱くなり、

陽の気が少しずつ生長し、

春分の日にはこのふたつの気が等しくなります。

 

 

陽の気の生長が一年で

最も盛んになる季節です。

夏至には陽の気が一年で最も盛んとなり、

陰の気が最も少なくなります。

 

 

陽の気が徐々に弱くなり、

陰の気が次第に強くなり、

秋分の日には陰陽の気が均衡のとれた日となります。

 

 

自然界に陰の気が生長し、

冬至には最も盛んになります。

そして陽の気は、

一年でもっとも小さくなる季節です。

 

このように陰陽の気が自然界で変化するにつれ、

私たちのからだのなかの陰陽の気も変わります。

 

季節の薬膳をとりいれることで、

からだの陰陽を調整し、

それぞれの季節におこりやすい不調のない、

キレイに健康に豊かな毎日を送っていただく

お手伝いができます。