2018年の夏至

いろは

今日は今年の「夏至」ですね。

1年で最も日照時間の長い日と言われています。(北半球の場合です。)

 

陰陽学説では、

 

「陽の気が1年で最も大きくなり、陰の気が最も少なくなる日」

 

です。

 

夏至を迎えた後は、

徐々に陰の気が多くなり、

陽の気が少なくなっていきます。

陰の気が多くなることは

決して悪いことではなく、

これまで生長を続けてきた

自然界が収穫の時期を迎えることとなります。