【夏薬膳レシピ】香港屋台風レタスと豚肉のオイスターソース炒め

世界&日本郷土料理

夏野菜がおいしい季節。みずみずしいレタスも、丸ごと食べきる頃には少々あきてきてしまうこともありますね。そんなときにはスープや炒め物がおすすめです。

薬膳ではフレッシュな野菜を基本的には火を通していただきます。中国や香港、台湾などでは、生のままのレタスより、スープや炒めたお料理を多くみかけます。

さっと湯通ししたレタスにオイスターソースをかけたシンプルなお料理は、香港屋台の定番のひとつです。

ネオンが煌めく蒸し暑い香港の夜にぴったりのお料理をアレンジした夏薬膳レシピです。

レタスの薬膳メモ

レタスは地中海沿岸が原産とされ古くは古代ギリシャでも食されていた野菜で、和名では「萵苣(ちしゃ)」ともよばれます。

レタス

【素材の分類】 カラダの余分な湿をとる

【五味・四気・帰経】甘・苦・涼・腸/胃

カラダの湿をとり、涼性なのでカラダを冷やします。産後の母乳をサポートしてくれるはたらきもあります。

レタスと豚肉のオイスターソース炒め

気温も湿度も高くなる夏にぴったりの素材「レタス」は、カラダを冷やし余分な湿をとります。夏の暑さで汗が失われたカラダに大切な水分(陰)を補う「豚肉」と「白ごま」とともにカラダを整える夏薬膳レシピです。

材料

  • レタス 1/2個
  • 豚肉の切り落とし 150g
  • 白ごま 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1
  • 塩少々

つくりかた

  1. 豚肉に塩少々をふり、片栗粉でまぶす
  2. フライパンにごま油をいれ、強火であたためたら、1の豚肉をいれる
  3. 火が通ったら豚肉を取り出し、レタスをいれ、シャキシャキした食感にするため、軽く1分ほど炒めたら豚肉を戻す
  4. オイスターソースと白ごまを絡めたら完成

薬膳メモ

レタス

【素材の分類】 カラダの余分な湿をとる

【五味・四気・帰経】甘・苦・涼・腸/胃

豚肉

【素材の分類】 陰を補う

【五味・四気・帰経】甘・鹹・平・脾/胃/腎

白ごま

【素材の分類】 陰を補う

【五味・四気・帰経】甘・平・肺/脾/大腸