薬膳茶教室 in 新潟

JEUGIAカルチャーセンターイオンモール新潟南にて開講

教室の詳細はこちら

全ての素材に薬膳的個性がある!トマトはどんな個性?

ひかりブログ

昨日主人が

会社の同僚さんからトマトを1箱いただいて

帰ってきました。

大きな大きな桃のような形をした

新潟県産の桃太郎トマト!

箱をあけた瞬間に

新鮮なトマトの香りが

ふわっと広がります。

ガーデニングで育てている

ミントや紫蘇、バジルとの

味の相性はよく、

この季節の薬膳的相性もばっちり

初夏とはいえ

陽射しの強い暑い日は、

カラダに熱がこもりやすく、

のどが乾きます。

カラダの余分な熱を冷まして、

気の巡りをよくして余分な湿気をとばし

カラダの表面を覆う熱を汗で発散してくれる

薬膳レシピができます。

薬膳では、全ての素材に

個性(パーソナリティ)があるとされています。

野菜も果物を立派な薬膳素材

トマトのパーソナリティは、

カラダの余分な熱をとったり

胃腸の働きを整える役割

薬膳の故郷である

中国でしか手に入らなそうな

特別な素材をつかわなくても、

日本の旬の素材を組み合わせて

薬膳料理や薬膳茶をつくれます

そのときに大切なことは、

季節のカラダを整える

エイジングケアをする

美肌のインナーケアをする

など、

何のための薬膳であるか

目的をもつこと

そして、その目的のために

必要な素材の組み合わせを知ること。

もちろんひとつひとつの素材でも

役割をはたしますが、

相性のよい素材を組み合わせると

より良い薬膳レシピになります。

例えば、

夏バテであまり食欲がないときには

トマトと鶏肉を組み合わせる。

夏の暑さでぐったり疲れたときには

トマトと卵を組み合わせる。

目的にあわせて

相性のよい素材を組み合わせて

レシピを広げていくことができます。

トマトのレシピはこちら

鶏肉の薬膳的個性についてはこちら!

今回いただいたトマトは

たっぷりあります!

どんな薬膳レシピをつくろうか

今からわくわくしています。

今日も自然の恵みに感謝!